セスタス -The Roman Fighter-

セスタス -The Roman Fighter-2021年春
©技来静也, 白泉社/セスタス製作委員会

話数
放送期間2021年4月~
監督川瀬敏文
制作会社BN Pictures
キャスト

曲名歌手シーン配信
エンデヴァーDragon AshOP視聴
きれいだ門脇更紗ED視聴

1話
2話
3話
4話
5話
6話
7話
8話
9話
10話
11話
12話
第1話 拳奴セスタス

弱冠十七才のネロがローマ皇帝に即位したのと同じ頃、少年奴隷セスタスは、拳奴に取り立てて貰うための拳闘試合に臨んでいた。だが養成所の親友に勝利した次の瞬間、親友の背には無数の矢が刺さっていた。負けはすなわち死……拳奴の過酷な宿命に戦慄するセスタス。百勝すれば自由になれると約束されるが、道は果てしなく遠い。折しもローマで皇帝主催の養成所対抗戦が開かれる事になり、セスタスは大舞台に踏み出していく。

第2話 異種格闘

皇帝ネロに拝謁したセスタスは、アグリッピーナに命じられ、少年衛士ルスカと闘う。格闘術の天才ルスカに絞め技を決められ、初めての敗北に挫折するが、お前には明日があるとのザファルの言葉に、強くなると誓うセスタス。時は流れ、ドリスコ拳闘団の一員としてポンペイを訪れたセスタスの前に、ポンペイ最強の拳奴エムデンが現れる。さらに招かれた屋敷に深夜侵入しようとする人影は……絶世の美女だった。果たしてその正体は?!

第3話 拳闘の犬たち

ポンペイ一の大富豪の娘・サビーナに命じられ、街の無法者と闘うセスタス。自分の非力を思い知らされ、一撃必殺の決め技を教えて欲しいとザファルに乞う。サビーナはセスタスを買い上げてもいいと提案するが、セスタスは自分の身は自分の力で買い戻すと拒否。侮辱された思いのサビーナは、セスタスを試合で叩きのめせとエムデンに命じ、エムデンも応じる。実はエムデン、完全連勝を賭けてサビーナとある約束をしていたのだった。

第4話 明日への生還

不滅の連勝記録を狙うエムデンを相手に、セスタスの試合が始まった。エムデンの想像以上の強さに苦戦するセスタス。それでも速攻で攻めるが、相手は意表を突いた連繋攻撃に出て、セスタスは倒されてしまう。ふらつく足で起き上がり、反撃に挑むセスタスに、エムデンはあえて攻撃を仕掛けず、防御に徹する。だがその目は何かを狙っていた。セスタスが渾身の一撃を決めようとしたその時、エムデンの恐ろしい狙いが明らかとなる。

第5話 希望の在り処

断頭……それはエムデンの文字通りの殺し技だった。セスタスは混濁する意識の中で、師ザファルに教えられた、相手を一撃で昏倒させる決めワザの事を思い出す。さらに、これまでのセスタスの攻撃で、エムデンもダメージを受けていた。相討ちなら勝機がある……だがその刹那、エムデンの拳がセスタスの目の上を切り、流血してしまう。殺らなきゃ殺られる……片目が見えない致命的な状況のセスタスに、エムデンがトドメを刺してきた。

第6話 女神との決別

絶体絶命の中、千載一遇の勝機に賭けた一撃がエムデンに決まり、セスタスが勝利する。観衆はエムデンを殺せと叫ぶが、サビーナがその場を収めた。サビーナに別れを告げられるエムデン。勝者が生還を果たす時、それは自分の拳が相手の希望を打ち砕いた時……一勝の重みを受け止めるセスタス。一方ザファルは、エムデンの決め技がセスタスに授けた技と狙いも名前も同じ事に疑問を抱き、エムデンを訪ねる。そこで明かされる真相とは?

第7話 檻のなかの叫び

決定力不足を補う為、ザファルが課したのは毎日ひたすらツルハシで地を穿つ鍛錬だった。仲間達は音を上げるが、セスタスはザファルの言葉を唯一の光明とし、地を穿ち続ける。そこへ皇帝主催の闘技大会の開催を告げる使者が訪れた。セスタスの参加はネロ皇帝の勅命だという。俺はあの人から逃げられないのか……言いしれぬ不安を抱えつつ、自由を得る為予選に挑むセスタス。だが会場は朽ちかけた檻の中のような木造闘技場だった。

第8話 開眼

予選第一戦を勝利しても、理由の分からない苛立ちをみせるセスタスは、仲間の拳奴達とも衝突する。鍛錬の成果は実感できるのだが何かが違う……そんなセスタスにザファルは「眼を開け」と告げる。答えは自分自身で発見し身に付けろというのだ。無心で鍛錬に臨み己と向き合った末、セスタスは求めていた「感覚」を掴む。だが次の対戦相手に決まったのは、これまでの相手とは全く異質の拳闘スタイルを持つ、最強の職業拳闘士だった。

第9話 幸運な男

闘技大会の出場を賭けた決勝戦が始まった。セスタスの相手は「赤き暴風」の異名をもつ職業拳闘士のフェリックス。単純な大振りのように見えて鋭い拳を繰り出し、「お前は俺にとっちゃカモなんだよ」と余裕のフェリックスは、狭い闘技場での闘い方を熟知していた。集中して相手の攻撃を見切ろうとするセスタスだが、次々に被弾してダメージを受ける。フェリックスはセスタスの変化を見逃さず、「赤い暴風」の真価を発揮し始めた。

第10話 静かなる布石

接近戦で壁に追い詰められたセスタス。逃げ場がない上に、フェリックスの猛打を浴びて倒れた際に運悪く足を負傷していた。「退路がないなら……ここで迎え撃つ!」踏ん張りが利かない中、ギリギリの状況でフェリックスの暴風のような連打をかわし、反撃の機会を伺うセスタス。「どんなに劣勢でも、打つ手がある限り、諦めない、絶対に!」その時、フェリックスの攻撃に変化が現れた。そしてセスタスに千載一遇の勝機が訪れる。

第11話 新たなる戦場

起死回生の一撃でフェリックスを倒したセスタス。敗れたフェリックスは「駆け登れ、テッペンに!」と笑い、去って行った。本戦の舞台・シチリアでは、セスタスとの再戦に燃えるエムデン、そしてあのルスカとも再会。ルスカは、優勝など無理、出場を辞退すべきとセスタスに迫るが、セスタスは拒否する。「この拳はとっくに血まみれさ。もう突き進むしかないんだ!」それぞれの思いを胸に、皇帝ネロ主催の闘技大会が幕を開ける……。

タイトルとURLをコピーしました